福島へ

2011.06.09 20:36|未分類
6月6日の月曜日、福島県のいわきに行って来ました。

益子から女4人で出発!

9時頃「いわき市災害救援ボランティアセンター」に到着し、受付、オリエンテーション等をしてから現地へ。
私たちは8人のグループで、海からほど近い飲食店を営んでたお宅に行きました。

瓦礫の分別、排水溝の砂を出し袋に詰めたり…。
時間の許す限り体と頭を使い作業しました。

家主さんとも少しお話したり、
「夜になると静かだぞ、波の音だけ聞こえてなぁ」という言葉が、海に対する愛を感じて印象的でした。

4時にはセンターに戻り資材の返却、活動報告をして解散。


先月末、長野に行って益子との違いを感じました。(東北が揺れ地震速報が流れる時はだいたい益子も揺れを感じるが、長野は感じなかったりした事で)同時に東北に行かなきゃという気持ちが強くなった。
少しだけど、肌で感じる事が出来ました。


ボランティアには一人で来ている人もけっこういました。
はじめての人も多かった様に思います。
ボランティアっていうと少し大袈裟な気がするけど、気張らず普通の感じで行けるのだなと思いました。もちろん服装の準備やある程度の心構えは必要ですが。


益子からいわきまでは車で約2時間。
また行こう。
お仕事がんばろう。
体調管理もしっかりしなきゃ。





スポンサーサイト

コメント

爽やかでいいですね(^^)

生きる力をいただいてきましたね。

ぽちさん

自分の為に行ってきた様に思います。

爽やか、ちょっと意外な言葉です。思わず文面を読み返してしまいました。

「また行こう。仕事しっかりして。体調管理して」、、

この前向きさが爽やかに感じたのでしょうね (^^)


ボランティアは自分のためです。「人の為」は「偽善」の「偽」ですから。


震災を利用した売名行為に嫌気を感じるこの頃です。

こういった時に心根が見えてきますね。


自分の心と話し合う機会をたくさん与えて貰ってるようにも感じます。

ぽちさん

爽やかさ、そこで感じてもらえたのですね。
ボランティアが爽やか…?わからない…。と思ってしまいました。すみません。

いろいろめまぐるしくて、わたしはまだきちんと自分の心と話し合えてないです。
いろいろ、これからです。



非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かりん

Author:かりん
中村かりん
栃木県益子町で陶芸しています。

通信販売やオーダーは受けておりません。
展示会で手にとって気に入っていただけたら嬉しいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる